ザイロリックは痛み止めではありません。痛風発作の激痛は鎮痛剤などの痛み止めを利用しましょう。

痛風治療薬ザイロリック
  1. トップ
  2. 痛風発作の対処法

痛風発作の対処法

痛風発作 痛風を一度経験している方は、きっとこう思うはずです。

あの激痛を二度と味わいたくない


痛風は、その名前の通り「風にあたるだけで痛い」と表現されるほどの相当な痛みです。
痛風患者は「歩くのも痛い」「痛みで眠れない」「立っていられない」と言います。
人によっては「骨折するより痛い」などと言う人もいます。

痛風は日常生活に支障を及ぼすほどの痛みだと言われ、悪化すると発作の間隔は短くなる傾向にあります。
治療するには生活習慣を見直すことが必要ですが、それ以外にもザイロリックと鎮痛剤を使用するのも有効です。

鎮痛剤の役割

ザイロリックは痛風の治療薬ですが、痛みを止める薬ではなく尿酸値を下げるための薬です。
痛みを緩和するためのロキソニン等の鎮痛剤を合わせて服用することにより、痛みを緩和しつつ、尿酸値を下げることが可能です。
ただし、バファリン等のアスピリン系との併用は悪化の恐れがあるため厳禁です。
ロキソニン
また、ザイロリックの飲み始め時は痛風の痛みが誘発されます

これは激痛を引き起こす「関節に溜まった尿酸の結晶」をザイロリックで溶かすことが原因です。
初めてザイロリックを服用した人は「悪化した」と思う方が多いのもこれが理由です。

そこで利用するのが鎮痛剤です。
この堪え難い苦痛を和らげるために鎮痛剤を使用することで痛みを抑えることが可能です。

ザイロリックの役割

上述の通り、ザイロリックは痛み止めではないため、痛風の痛みを緩和させることができません。
どんなに服用しても発作が発生すれば、あの激痛は発生します。

それではザイロリックは何のために服用するのでしょうか。
痛風を発生させる尿酸をふやさないためです。

つまり、痛風発作をおこさせないためです。

リラックス
発作が発生すれば激痛が発生しますが、その発作が発生しなければ痛いことはありません。
痛風の原因を遮断するための薬です。
ザイロリックで痛風の原因を排除し、もしも発作が発生したら鎮痛剤で痛みを緩和させるというわけです。

ザイロリックと鎮痛剤を服用することで、双方の副作用が発生する可能性がありますが、痛みに耐えられない際は同時に利用してみるのも一つの手と言えるでしょう。