痛風の主な原因はプリン体の摂取ですが、生活習慣・遺伝などが原因で痛風を発症することがあります。

痛風治療薬ザイロリック
  1. トップ
  2. 痛風の原因

痛風の原因

痛風を引き起こす原因は尿酸と白血球の2つが挙げられます。
痛風

尿酸が原因の痛風

本来健康な人は1日あたりおよそ600~700mg程度の尿酸が作られ、これと同じ量の尿とともに腎臓から排出されるので、その量は一定に保たれています。
しかし、痛風になってしまう人はこの尿酸が体内で作られすぎてしまい、尿酸の値が高くなることで血液中で溶けきらなくなり、体外へ上手く排出することが出来なくなってしまうのです。その結果、排尿されずに体内に残った尿酸が次第に結晶化し、間接周囲にたまり、痛みを引き起こすのです。

白血球が原因の痛風

白血球は人の免疫物質の1つとされ、溜まった結晶を敵とみなしてしまうため、溜まってしまった尿酸の結晶を攻撃し、間接周囲に炎症を引き起こします。
これを痛みの発作といい、痛風の激痛を生み出しているのです。

痛風になりやすい人

痛風の原因は上述の通り尿酸が溜まることです。
それでは、尿酸が溜まるのはどんな時か確認しましょう。

食事

食事 ご存知の方も多いことと思いますが、痛風の原因として悪名高いのがプリン体です。
プリン体はビール等のアルコール類、肉や魚類のたまご、内蔵(レバー)などに多く含まれてています。 このプリン体を多く摂取することにより体内に尿酸が溜まり、痛風になりやすいというわけです。

ストレス

ストレス ストレスは私たちが社会生活を営む為にさける事は出来ません。
これが積み重なって蓄積されることで、自律神経である交感神経が活発になり過ぎてしまいます。
すると、からだの代謝が活発になり過ぎてしまい尿酸の量が増えてしまうと言われています。
健康な人の場合で1日に約700mgの尿酸が体内で作られますが、痛風にかかる人はこれ以上の量が作り出されます。排泄も上手く行われなくなる、やがて尿酸の結晶ができるようになります。

性格

性格 性格はその人の個性です。
神経質、几帳面、真面目、物事を考え込んでしまうなど、自分で肩の力を抜いてあげることが下手な人ほどストレスを溜めやすい傾向にあります。
上述の通りストレスが溜まりやすいと痛風になりやすいことから、リラックスが苦手な人ほど痛風になりやすい傾向にあるようです。

スポーツ

スポーツ スポーツは健康的と見られがちですが、痛風に限って言えば違います。
たくさん汗をかくことにより、体内の水分が減少します。 すると血管が狭まってしまい、血中の尿酸濃度を高めてしまいます。
こまめな水分補給が基本ですが、ストイックに運動したり、汗をかくことに慣れてしまうと痛風のリスクを高めるため注意が必要です。

その他の原因

遺伝、食生活における好き嫌い、暴飲暴食、肥満、不規則な生活習慣など、他にも様々な要因があります。
先天的な遺伝はどうにもなりませんが、規則正しい生活を心掛け、健康管理に気を配ることで痛風のリスクを減らすことは可能です。
痛風の原因 痛風患者の98%が男性ですが、女性でも発症することがあります。
40~50代までは生理が起こるため、女性ホルモンの働きで尿酸を体外へ排泄することが出来ますが、閉経時期を迎えると大幅にホルモン分泌が減少するため、偏った食生活を行っているといずれ発症する可能性があります。
また、若い女性でもプリン体を多く摂取したりストレスを溜めると痛風のリスクは大きく上昇するため、日頃の生活から十分に注意しましょう。

痛風治療薬ザイロリック

痛風治療薬ザイロリック

ザイロリック

ザイロリックは、有効成分アロプリノールが痛風の原因である体内の尿酸が結晶化を阻止し、痛風の発作を抑える作用があります。通販サイトで安価に購入することが可能です。