痛風になると高血圧、糖尿病、腎不全など様々な合併症を引き起こす可能性があります。

痛風治療薬ザイロリック
  1. トップ
  2. 痛風と合併症

痛風と合併症

痛風が発症すると痛風の症状でも述べたように、足の親指関節に激しい痛みが起こります。
この痛みは大人でも耐えられないような痛みで、その名の通り「風に当たるだけで痛い」と言われるほどです。
このため、痛風=痛い病気というのが広い認識ですが、痛風の怖さはこれだけではありません。
実は痛風を発症することで他の病気を合併症として引き起こす可能性が増加するのです。

中には死の危険性もある病気を併発してしまうこともあります。
ザイロリック 痛風は生活習慣病の1つと考えられています。糖尿病や高血圧症などを併発してしまうこと珍しくなく、一生を左右すると言っても過言ではありません。

高血圧症

代表的な合併症が高血圧症です。
血液中の尿酸が高濃度で維持され、それが全身に回ることにより血圧を高くすると言われています。 高血圧症は生活習慣病としても有名ですが、この高血圧症になると脳卒中や動脈硬化などに進行するリスクが大きく高まります。 生命の危機に直結するため、十分に注意が必要です。

糖尿病

糖尿病も代表的な合併症の1つです。
糖尿病は、血糖値が上がることで発症する病気です。
この糖尿病が発症することにより、さらに腎臓への障害や、目の中で出血を起こす網膜症など、様々な病気を併発するリスクが急激に高まります。
糖尿病の併発は生命の危機に直結するため注意が必要です。

高脂血症

高脂血症は血液中の中性脂肪やコレステロールが増えることで発症する生活習慣病の1つです。
痛風患者の多くは、肉類をはじめ、カロリーの高い偏った食事を繰り返す傾向にあるため併発すると考えられています。
発症しても自覚するのが難しく、この高脂血症が原因で「動脈硬化」が進行する可能性があります。
動脈硬化になると、脳や心臓などに影響を及ぼすため、命の危機は大きく高まります。

腎臓障害

痛風の影響によって起こってしまう腎臓の障害を「痛風腎」と呼びます。
痛風の原因である尿酸は、腎臓の中で処理が行われているため、尿酸が増えることで腎臓の機能を低下させる恐れがあります。
腎臓は障害が発生していても自覚するのが難しく、自覚した時には手遅れということも多々あります。
そうならないためにも、痛風になったら信頼できる医療機関で相談することが何よりも重要です。

尿路結石

尿の中には尿酸以外にもカルシウムやマグネシウムも含まれており、腎臓内でこれらが固まることで石になります。
この石が尿道や膀胱、尿管などに蓄積されると、排尿時に詰まり激痛が起こります。
また、尿が濁ったり血尿が排泄されることもあります。
この尿路結石の痛みも非常に激しい痛みのため、併発すると二重の苦しみを味わうことになります。
このように、どの合併症も命の危機にさらされる可能性が高いものばかりです。
痛風はただ痛いだけではなく命に関わるということを、正しく理解することが何より重要です。

痛風治療薬ザイロリック

痛風治療薬ザイロリック

ザイロリック

ザイロリックは、有効成分アロプリノールが痛風の原因である体内の尿酸が結晶化を阻止し、痛風の発作を抑える作用があります。通販サイトで安価に購入することが可能です。