痛風は発作が起こると足の付け根や足の甲などに激しい痛みが生じる症状です。

痛風治療薬ザイロリック
  1. トップ
  2. 痛風の症状

痛風とは

痛風は近年問題視されている生活習慣病の一種で、発症すると最悪の場合は死に直結する可能性があるといわれています。
主に患者の9割が男性で、男性は非常にかかりやすい病気といえます。
「風が吹いただけでも痛い」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、本当にその通りの痛みが伴うと言われています。
内臓への障害

痛風の症状

痛風の症状は主に足の付け根や足の甲、アキレス腱に痛みを伴うもので、そのタイミングは暴飲暴食や、激しい運動後の夜中から明け方に多いとされています。
その痛みは歩くけないほどの激痛や、骨折したのかと思ったという声があるように、非常に激しい痛みを伴うことが想像できます。
痛風の症状

関節の腫れと変形

足の親指が赤く腫れてしまうといったことがまさにこれで、他にも関節はからだの中に複数あるので腫れるだけでなく熱を帯びることもあります。
また、何度も発作を繰り返してしまうことで足首やヒザ関節の破壊や変形が行われてしまい腫れることに加えて強い痛みを感じます。

痛風結石

関節以外にも結晶化した尿酸が現れる様になり、筋肉や皮膚の下または耳たぶの上に塊の様なものができてしまいコブやシコリが現れる様になります。これを痛風結石と呼びます。

腎臓などへの障害

上記、2つの症状の後に腎臓や他の臓器へも影響を与える様になり、尿を濃くする機能が低下してしまうので尿中にタンパク質や赤血球が混ざるようになります。
他にも糖尿病や高脂血症、高血圧症などの「生活習慣病」を合併しやすくなるので体に更に負担をかけてしまうようになります。
我慢出来ないほどの激しい痛みだけが症状と考える人もいたと思いますが、それ以外にもこれだけ多くの悪影響をからだに与えてしまう病気になります。
痛風の症状 例外ですが、人によっては痛みの発作を起こさない人もおり発見が遅れるケースもあり、発作があっても弱くて気付かないこともあるようです。
また、発症しても発作は数日で治まるので「治った!」と思いがちです。
しかし、そんな簡単に治ってしまう病気ではありませんので、自覚症状のみでの自己判断は禁物です。
悪化することで発作の間隔が短くなるので、激痛が連続的に続いてしまうことで日常生活にも支障が出ることや他の病気を合併してしまう前に、早めに治療を開始することが望まれます。
病院では、一般内科を受信すれば問題ありません。経験豊富な医師の多い、大きな病院へ受診するのがオススメです。

痛風治療薬ザイロリック

痛風治療薬ザイロリック

ザイロリック

ザイロリックは、有効成分アロプリノールが痛風の原因である体内の尿酸が結晶化を阻止し、痛風の発作を抑える作用があります。通販サイトで安価に購入することが可能です。