生活習慣病の仲間入り

痛風とは糖尿病などの生活習慣病またの名を死の四重奏と呼ばれ、併発すると死にも直結する危険な病気と並んで、今やその生活習慣病の仲間入りをしようとしています。
痛風の症状がてでしまう人の約9割が男性と言われていて、残りの1割が女性の方で、男性が非常にならやすく、男性の病院といってもおかしくない病院です。
生活習慣病はその名の通り、不規則な生活や乱れた生活をしているとなります。
ならないためにはまず、生活を変える必要があります。
適当な運動、食事のバランスを考える、きちんと体を休める、タバコとお酒をする人は量を減らすか、禁酒・禁煙をすることが必要になります。
また痛風になる原因がプリン体にあり、プリン体が尿酸に変わり、体内に蓄積されると結晶化し、関節などに強い痛みがでます。
初期症状として足の親指のつけ根に出ることが多いです。
プリン体が多く含まれるのは、お酒のおつまみに多くあり、魚の干物、豚や牛のレバー、魚の卵類などに多く含まれている。
ビールが痛風の原因の代表格的な事になっていますが、プリン体の含有量は先ほど挙げた食べ物の方が多いです。
要するに、お酒とおつまみ両方からプリン体を摂取してしまっているんです。
ラーメンのスープにも多く含まれています。
痛風にならないためには尿酸値を下げなくてはなりません。
食事と合わせて予防薬であるインデラルの服用を勧めます。
インデラルは尿酸値を下げる効果があり、食事に気をつけて一緒に服用すれば尿酸値の上昇を防いでくれます。
薬があるからといって、バランスが偏った食事を続けていれば、やはり痛風になってしまいます。
痛風になると、食べ物と飲み物は全て制限が入るので、人間の三大欲求の1つである食欲を奪われてしまいます。
ストレスにもなりますので、バランスのとれた食事を心がけましょう。
痛風になると、お薬と長く付き合わなければならなくなります。
ザイロリックという薬で、ザイロリックとは痛風に作用する専門のお薬です。
尿酸値が高く、体内に蓄積された尿酸の結晶の量を減らしてくれ、痛みの発作を抑えてくれます。
一度蓄積されてしまったものを完全に体内に出すことは困難なので、痛風の方は服用を続けていき、常備しておいた方が良いです。
日本の食生活が変わってきてしまっているため、若者でも痛風になってきています。
1人でも辛い痛風の症状を減らすために、食についての考え方を改めていかなければならない。

痛風の症状や原因をお薬なびで確認する