痛風の総合サイトです。痛風の原因・症状・対策から、痛風治療薬ザイロリックの効果効能・購入方法までご紹介します。

痛風治療薬ザイロリック
  1. トップ

痛風治療薬ザイロリック

ザイロリック

ザイロリック

ザイロリックは、有効成分アロプリノールが痛風の原因である体内の尿酸が結晶化を阻止し、痛風の発作を抑える作用があります。通販サイトで安価に購入することが可能です。

痛風の基礎知識

  • 痛風の症状
    痛風とは

    風が吹いただけで痛いと言われる痛風。具体的にどこがどう痛いのか、詳細な症状を徹底解説!

  • 痛風の原因
    痛風の原因

    痛風の原因はプリン体というのは有名な話。「痛風になりやすい人」がいるのは知ってます?

  • 痛風治療について
    痛風の予防法

    痛風の一番の原因はプリン体。日頃の食事や生活習慣を見直して根本から改善しましょう!

  • 痛風と合併症
    危険な合併症

    要注意!痛風は糖尿病や高血圧症など他の生活習慣病を併発する可能性あり!

  • 痛風発作の対処法
    痛風発作の対処法

    痛風発作の対処法教えます!まずは痛み止めと痛風治療薬のザイロリックを用意!

  • ザイロリックとは
    ザイロリックとは

    痛風治療薬のザイロリックとは!?効果効能、服用方法から通販の方法まで徹底解説!

痛風になってしまったら

痛風の症状というと皆様はどのようなものを思い浮かべるでしょうか。
足首や膝、関節が痛くなる、つまり、わかりやすく言うと痛風は急性の関節炎です。
歩くことすらままならない痛みは患者さんの心まで傷付けることもあります。
そのように辛い痛風の症状をやわらげ治す薬としてザイロリックという薬があることをご存知でしょうか。
ザイロリック そもそも痛風になる原因はまず、血液中の尿酸値の上昇にあります。
尿酸というのはプリン体の最終的な産物であります。
プリン体という単語は、ビールのCMなどにも使われていますので、ご存知の方も多いともいますが、ビールや肉に多く含まれています。
では、痛風を治すにはどうすればよいのでしょうか。
先程の説明から、勘の良い方はもうお気付きのことと思います。
ずばり、尿酸値を下げる、これに尽きます。
ビールと肉 ザイロリックには上がりすぎた尿酸値を下げる働きがあります。
このお薬はキサンチンオキシダーゼ阻害薬とも呼ばれているように、ザイロリックは痛風の治療薬として世界的に有名な医薬品です。
服用する際には、他の薬との飲み合わせや現在患っている病気との相性を考える必要があるため注意が必要です。
例えば白血病の薬やぜんそくの薬との併用はそれらの効果を減少させてしまうことがあるので服用量を考えなければなりませんし、腎臓や肝臓の悪い方、また、高齢者の方は用量を少なめにしたり、定期的に検査を受けたりする必要があります。
まずは、お薬を処方してもらうときに担当の医師に相談するべきです。
自分の体調や今飲んでいる薬、アレルギーの有無、このお薬を服用することで起こりうる副作用等を最初に言って、そして相談していただければ、それに応じてお薬を処方しくれるので安心です。
せっかく痛風は治ったのに他の病状が悪化してしまうのでは意味が無いありませんのでご注意下さい。
元気 最後に、このザイロリックはたしかに痛風の発作を改善してくれます。
しかし、発作が起きないように対応することが何よりも必要で、そのためには生活習慣を見直す必要があります。
プリン体の多いビールやお肉は控えめにして野菜中心の食生活にしてみる、お水を1日に2リットル目標に飲む、ウォーキング等の適度な運動をしてみる、これらの事等ををコツコツと続けていくことが痛風を治すことにもつながります。
是非、実践してみてはいかがでしょうか。

痛風治療薬ザイロリック

ザイロリックとは尿酸値を抑え、痛風を治療する痛風高尿酸血症治療薬です。
主成分のアロプリノールにはプリン体が尿酸に変化していく過程を阻止する作用があります。その結果、体内の尿酸が結晶化を阻止します。
体内の尿酸が結晶化を防ぎ、血液中の尿酸値が下がり、痛風の予防や改善につながるという訳です。
副作用に腹痛などが報告されていますが、服用者の満足度は非常に高く、ザイロリックが手放せない人が続出しています。
ザイロリックは通販サイトで購入できるため、まだ利用したことの無い方は是非お試しください。
ザイロリック

ザイロリック

ザイロリックは、有効成分アロプリノールが痛風の原因である体内の尿酸が結晶化を阻止し、痛風の発作を抑える作用があります。通販サイトで安価に購入することが可能です。

ザイロリックの服用方法

ザイロリックは錠剤で、100mg錠と300mg錠の2種類があります。
コップ一杯以上の水・ぬるま湯で服用します。
通常1日あたり2~3回に分けて、200~300mgを服用することになりますが、痛風の方は腎臓の機能が低下していることが多いため、症状や年齢によってその服用方法は変わります。
また、服用をはじめてから最初の1週間は100mgの服用が望ましいとされています。

【服用例】
 初めの一週目:1日100mgを1錠
 二週目以降 :1日100mgを2~3錠
 ※症状により用量が異なりますので、医師への相談をおすすめします。

服用時の注意点

尿酸の影響で腎臓の機能が低下していることがあるため、用量は腎臓機能や症状の現れ方によっても増減します。
もともと肝臓が悪い人は特に、肝臓の機能を検査するなどして、慎重に服用する必要があります。
最初は検査を受けながら、100mgを服用し様子を見るとよいでしょう。
問題が無ければ、通常の服用量である200~300mgへと増加させていきます。
服用に際しては、アルコール類と一緒に服用してはいけません
症状にも薬の効果に対しても悪影響を及ぼすため注意が必要です。

注意点
また、服用のタイミングですが、痛みの発作が有無に関わらず毎日の服用が必要です。
発作を起こしてから飲んでも効果はなく、症状を悪化させてしまうことにもつながります。

「薬も飲んでるし尿酸が下がるから好きな物を食べよう」という考えもオススメできません。
痛風の治療は薬による尿酸の減少と同時に、食生活の見直しが非常に重要です。普段の食事から改善を心掛けるようにしましょう。

また、肥満の人は適度な運動は良いと考えられていますが、激しい運動を行ってしまうと発作を誘発するので、疲れない程度の軽い運動を心がけてみてください。

副作用

ザイロリックは内服薬のため、少なからず副作用症状を起こすことがあります。
副作用ではありませんが、ザイロリック服用で最も辛いのが飲み始めです。

ザイロリックを飲み始めることにより、関節に溜まっていた尿酸結晶が溶け出し、痛風と同様の発作を起こす様になります。
これは痛風を改善する際に起こる症状のため、悪化ではなく回復に向かっている状態です。ある程度は我慢が必要になってしまいます。

チェック
尿酸の結晶が溶け、尿と一緒に排泄されると、薬の影響による発作は治まるため心配の必要はありません。
ザイロリックと鎮痛剤を併用して痛みを抑えながら治療すると、より効果的です。

重い副作用症状は起こりにくいと言われていますが、稀に血液障害や皮膚に障害を起こすことがあります。
特に腎臓が悪い人は、薬の排泄が遅れがちになるため、ノドに痛みを感じたり、発疹などが出るようであれば早めに医師に相談しましょう。

なお、ザイロリックの主な副作用は、食欲不振・胃もたれ・軟便・倦怠感などです。

併用禁忌薬

白血病の薬や免疫抑制剤との併用は薬の代謝を悪くするため、もしザイロリックと併用するのであれば2つの薬の用量をに減らす必要があります。
しかし、白血病の薬や免疫抑制剤は、用量を減らすことで生命に危機を及ぼすことがありますので、この場合は必ず医師に相談しましょう。
他にも一部の抗けいれん薬や喘息治療薬は副作用を強める可能性があるため、上記と同じように減量する必要があります。
きちんと治療ができるように、定期的に腎臓や肝臓、血液内の尿酸の値を検査することが何より大切です。

主成分アロプリノールの作用

アロプリノールとは痛風治療薬ザイロリックの主成分です。
痛風の他に、痛風予備軍とされている「高尿酸血症」という尿酸値が高い人にも痛風予防として用いられます。
また、尿路結石を合併症として起こしている人にも有効とされています。

尿酸は以下の順序で作られます。

①プリン体 > ②ヒポキサンチン > ③キサンチン > ④尿酸


アロプリノールは、上記②~④までの変化を行うキサンチンオキシダーゼという酵素の働きを邪魔する働きをします。
これにより、プリン体は尿酸に変化しなくなります

こうした作用から、体内の尿酸が減少する痛風の予防薬・治療薬として有効と考えられています。

痛風治療薬ザイロリック

ザイロリック

ザイロリック

ザイロリックは、有効成分アロプリノールが痛風の原因である体内の尿酸が結晶化を阻止し、痛風の発作を抑える作用があります。通販サイトで安価に購入することが可能です。